読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の30代がこんなにキモいわけがない

34歳既婚子持ちの近況・心境を綴るblog

俺の「ここさけ」がこんなにキモいわけがない ※注意!ネタバレあり!※

いや~乱世乱世。夏アニメも無事に完走しきったでござるな。個人的には監獄学園が最初から最後までテンションを落とさずに笑って見れたので一番だったでござる。あとシャーロットの最後が何故ああなったのかとは思いつつ、ZHIENDを聴くとやっぱ麻枝先生最高でござると思ったでござるるるるる。

 

 

 

このOP聴けなくなることはすごく寂しいですね

f:id:bakatakao:20151013013725j:plain

 

 

 

 

 

 

少し前の話ですが、仕事が外出先で早く終わったので飲みに行くか、読書でもするか、ショッピングするか、風俗は行きたくてもお小遣いが厳しいから行けないか、じゃあ個室ビデオで我慢するか、とかとか悶々と悩んだ末にこちらを観に行ってきました。

 

 

 

 

 

f:id:bakatakao:20150925211425j:plain

 

感想ですが

 

 

 

 

 

すんげー良かった!!!!

もう1回観たい!!!!

 

 

 

 

 

※以下、映画「心が叫びたがってるんだ」についてネタバレがありますのでご注意。まあ公開から結構時間経ってるから大丈夫ですかね?

 

 

 

 

 

f:id:bakatakao:20151012235003j:plain

 

 映画「心が叫びたがってるんだ。」は2011年にフジテレビのノイタミナで放映された大人気アニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」のスタッフ(超平和バスターズ)が再び制作陣として作り上げた青春群像劇、ということで学園物語です。ただ、少しだけファンタジーな要素が盛り込んであります。主人公は”言葉を封印された”高校2年生の女子生徒。”封印された”とは主人公が小さいころ、自分のおしゃべりが原因で両親が離婚してしまったトラウマから他人と喋れなくなったことを封印されたと語る(メールで打つ、が正確かな?)。そして同じクラスメイトの3人、本音を言わないインドア系男子、故障した野球部のエース、クラスの優等生女子、と一緒に、担任の妙な思惑から地域との交流会での出し物についてクラスの実行委員に任命されたことから物語が始まります。

そんな「ここさけ」の個人的に良かったところを3つご紹介させてください!

 

 

 

 

1.”高校生活”

f:id:bakatakao:20151013001317j:plain

 

年を重ねたせいでしょうか。この映画を見て一番心に残ったことは「高校生活」そのものです。限られた時間、限られた空間の中で描かれる主人公たちの子供らしくも大人っぽく、今まさに成長しているという彼らの姿に感動しました。特に野球少年。。。マジ泣きそうになったよオジサンは。。。また、親目線とでも言ったら良いのでしょうか。自分の子供たちが大きくなって彼らと同じような高校生になったら、こんな風に真っ直ぐな青春を過ごしてほしいと願いました。そしてやはり自分が過ごしたあの頃を思い出し、とても懐かしい気分になりました。私の中で、目の前で描かれる物語の高校生活、未来にある自分の子供たちの高校生活、過去に自分が経験した高校生活、不思議とそれぞれが重なり合ったような時間を過ごすことができて本当に見た後は清々しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

2.劇中音楽

f:id:bakatakao:20151013003220j:plain

素晴らしかったです。特に主人公の成瀬順が走るシーンで流れた音楽に泣きそうになりました。劇中で流れる楽曲はクラムボンのミトとアニメ「四月は君の嘘」などを担当した横山先生が提供しているとなればもう素敵なこと間違いないのですが、やっぱり実際にスクリーン越しに聴くと一段と感極まりました。映画のシーンと本当にぴったりだと思うような音楽に心が弾みました。また劇中で流れてくるミュージカルの曲も、高校生を演じる声優さんとの歌声と重なって、物語と重なって、温かい気持ちで最後まで見終えることができました。ただ、ただ、ただ、劇中曲はすごく良かったのに、あああああああああああ、ここには書けない自分の気持ちがあるのですがチキンなので書きませんが心がある意味叫びたがっているのです。

 

 

 

 

 

 

3.MeijiのCM

f:id:bakatakao:20151013005342j:plain

 すんません。3つ目は思いつきませんでした。ってか1つ目にこの映画の良いところ全部集約されちゃってて、いや、もう本当に主人公たちの成長していく姿とか最高で、成瀬順がバスから降りて走るシーンとか、野球少年がクラスを取りまとめ始める瞬間とか、最後の最後でそっちかよとか、とかとかあるのですがMeijiがコラボってるCMがありまして何だかセリフだけCMに合わせているところがリクルートのCMみたいでちょっぴり面白かったこともあったのでご紹介。

 


明治×「ここさけ」&「あの花」CM 「走る順」篇 - YouTube

 

 

 

 

ということで本当に素敵な作品なのでこのエントリーを読んで観に行きたいと思った人がいましたら、まだ劇場によっては上映中だと思いますので是非是非。私も隙あらばもう一度くらい観に行こうかなと画策中です。そして虎視眈々と来年の年明け早々に公開される「傷物語 鉄血編」をどうやって観に行こうかとも画策中。その頃にはきっと子供たちも大きくなっているから「ちょっと怖いプリキュアを一緒に見ようか!」と言って嫁に内緒で観に行けるかな。ぐふふふふ。

 

 

 

↓映画の特典でもらった劇中ミュージカルのパンフレット実物版

f:id:bakatakao:20150926011820j:plain