読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の30代がこんなにキモいわけがない

34歳既婚子持ちの近況・心境を綴るblog

俺の2014年夏アニメがこんなにキモいわけがない

このあいだ、書店に行って迷った。欲しい文庫本が2つあって、どちらから買おうか迷った。いずれ両方とも読むのだろうけど、一冊ずつ読み終わってから買うつもりだったからどちらにするか迷った。 

 

ディファレンス・エンジン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

ディファレンス・エンジン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

 

え ?本当に迷ったのかって?迷ったって!マジで迷ったって!上下とかめんどくせーとか思ってないって!小豆エンドってことはルート違いで来月あたりにトゥルーエンドの恋ヶ崎版が出るんやな!とか思ってないから!ってことでどちらを買ったのかはご想像にお任せします。。。

 

 

さてさて2014年も夏アニメが始まりましたね!。春アニメは一週間フレンズ、シドニアの騎士、ピンポンといった名作揃いで終わってしまうことが非常に残念でしたが、夏アニメはまたまた豊作の予感がしてなりません!ということで2~3話が出揃ったこのタイミングで、3連休最終日の夜を有意義に使いたいこの私目が四半期恒例のお勧めアニメ紹介をやりたいと思います!(パフパフドンドン)え?だから誰得なのって?早く寝ろって?嫁も娘いるんだろって?ってかキモいって?あー、そうですよねすいませんすいませんすいませんすいませんがもう何か色々あってやっぱ書きたくなるんだごめんなさい。。。ってことで若干ネタバレあるかもって内容で下記に行ってみましょう。

 

 

1.ALDNOAH.ZERO

f:id:bakatakao:20140213124522j:plain

 今期は現時点だと良作揃い過ぎていて本気で悩みましたが、これからの期待値が高いという点でA/Zを1番にお勧めします。

時代設定は西暦2014年、ただしアニメの中では1972年に行われたアポロ計画の際に火星と地球を繋ぐ古代文明が発見され、やがてそれを利用して火星に移住していった人類が地球から独立し「ヴァース帝国」を築き、1999年に地球と最初の戦争を起こしてから今は休戦状態にあった。そして火星の王女が和平の使者として地球に降り立つ日から物語が始まる。

A/Zは本当に制作陣営が豪華です。まず何と言ってもストーリー作成者が『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵先生。監督も『Fate/Zero』でタッグを組んだあおき監督。音楽は『キルラキル』『ガンダムUC』の澤野巨匠で、EDも手掛けております。そしてそしてOPのKalafina「Heavenly Blue」が超かっこいい!あと、声優陣を見ると雨宮さんがヒロイン役です!春の藤宮さんでブレイクしたのか今期は主役級で出番が多いからこの辺りも見逃せ(聞き逃せ)ません!とまあ基本路線はロボアニメなのかも知れないけど、OPを見る限りそれだけでは終わらない感が半端ないですね!

 

2.月刊少女 野崎くん

f:id:bakatakao:20140721225305j:plain

 悩んだけどこちらを2番目に。。。何と言ってもオイラ、学園ラブコメ大好きでね。。。

原作はスクエニがやっているウェブコミック配信サイト「ガンガンONLINE」で連載中の人気四コマ漫画。個人的には原作未読だったのでアニメが初見でしたがキャラクターが最高に良いです!設定も面白いんだけど、各キャラがそれぞれ濃くて、むしろメインキャラよりもサブキャラのほうが濃くてもうそれだけで大満足。一応学園ラブコメなんでしょうけど、今のところギャグ要素が強いので今後も安心して見れそうです。

 

 3.東京喰種

f:id:bakatakao:20140721230353j:plain

原作は週刊ヤングジャンプで連載しているアニメ同題の人気マンガ『東京喰種』。ある日、大学生の金木研(かねきけん)は行きつけの喫茶店で知り合った憧れの神代利世(かみしろりぜ)とデートへ行くことになった。共通の趣味である読書をきっかけに出会った二人だったが、その出かけた日に大きな事故に遭遇し、目が覚めると金木は病院にいた。そして退院した後しばらくして自分の体の異変へと気づく。これまで普段口にしていた食べものが不味く、空腹になると人間を食べたいという衝動に襲われることに。それはこの世界で人に紛れて暮らす喰種(グール)という人類を捕食する怪物と同じ習性であった。

さすが原作が人気マンガだけのことはあって次回も気になって仕方ないです。あとこういったダークなアニメのOPで「凛として時雨」はマッチし過ぎていてかっこ良い!あと雨宮さんも花澤さんも暗黒キャラの声を演じるというのはレアですよね。

 

4.ばらかもん

f:id:bakatakao:20140721232216j:plain

うおおおおお!なるマジ可愛い!!!!!いやー、なるだけならマジ今期1位確定だよ。ってか上位作品はほんと差がないくらいに良いんだから。

主人公は若き書道家で実力もあったのだが、ある受賞作品をベテラン書道家に批評されてその場で殴ってしまったことをきっかけに単身で長崎の五島へやってくる。そこで出会う島民たちとの触れ合いの中で主人公が成長していく「ハートフル日常島コメディ」。

いやー、これ見ていると出てくるキャラクターが地元に近い方便で喋っている場面もあるので何だか癒される。OPの歌詞も青春臭くてまたそれが良いんだよね。これからきっと笑いあり涙ありの物語になっていくのでしょう。そして何よりなるが超可愛いので心が荒んでいる私のような人間にお勧めです。

 

5.ヤマノススメ セカンドシーズン

f:id:bakatakao:20140721233532j:plain

とりあえず1期目を見て、もし私が独身で家庭がなかったら速攻山を登りに行っていたと思います。そして2期目が始まった私としては、まずは家族のお出かけ先に飯能河原を候補として挙げるつもりです。とりあえず5分から15分枠になってありがとう。個人的には阿澄さんの声が若干ニャル子を彷彿させてくれるあたりが最高です。あ、ゆるそうでそうでもない山登りがテーマのアニメです。

 

6.Persona 4 the Golden Animation

f:id:bakatakao:20140721234249j:plain

いやっほー!俺たちの番長が帰ってきたー!!!

原作はアニメ同タイトルの人気ゲーム。P4自体は2011年にアニメ化されて2クール放映されたのですが、何と今回はそのスピンオフ的なかたちでまたまたアニメ化。P4より完全にギャグ要素が大きそうで、ってか2話目から完全に初見さんをぶっちぎる勢いで爆笑回でした。いやー、私が本格的にアニメを録画して見始めたころに初期のP4が放映開始だったので正直懐かしいですし、初期のシリアス感が2話目から微塵も感じさせない制作陣営に敬意を表しております。何だかんだ新キャラが花澤さんってあたりも良いですね!

 

7.残響のテロル

f:id:bakatakao:20140721235121j:plain

 あー、これが7番目にくるって。。。普通なら少なくとも上位3~4番手に入るのに。。。今期は本当に豊作だよ。。。寝る時間がないよ。。。

まだ2話までしか放送されていないのですが、ヘタなドラマなんかよりもクオリティの高いサスペンスアクション。『カウボーイビバップ』を手掛けた監督の渡辺信一郎、音楽は菅野よう子という強力制作陣が、これからどういう伏線を張って回収していくのか期待。

 

8.さばげぶっ!

f:id:bakatakao:20140722000059j:plain

これ、あの少女漫画誌の「なかよし」で連載中って。。。講談社大丈夫なのか。。。いや、やはり進撃の巨人しかり既存の枠にしばられない先見性が必要ということか。。。

基本、タイトルが示すようにサバゲーがメインのはずだが、そんな感じが一切しないギャグアニメ。かと言って日常系かと言われるとそんな感じもしないギャグアニメ。個人的にはノリと突っ込みのテンポが良くかつての『帰宅部活動記録』っぽくて好きなので視聴。EDは今期の中でも中毒性ありそうだね。

 

9.信長協奏曲

f:id:bakatakao:20140722000625j:plain

これ意外だった。原作は人気マンガってことで知っていたけど、未読だったからあまり期待していなかったせいか、実はかなり面白い。やっぱり原作しっかりしていると良いね。物語はちょっとチャラい感じの男子高校生が戦国時代にタイムスリップして、あの「織田信長」として生きることになるSFコメディ。あと、これはフジテレビの何かの企画なのかな?ナレーションで小栗旬出てるよね?実写ドラマ化もあるみたいだし。

 

10.ソードアート・オンライン

f:id:bakatakao:20140722000945j:plain

うわあ。SAO2の順番も想像以上に低いな。。。っても本当に今期は面白い作品が多いから仕方なくこうなっちゃうんだよね。

 原作は言わずもがな大人気ラノベの「ソードアート・オンライン」。シリーズは累計1,100万部を超える売上で、今回アニメ化されたのは5~6巻目の「ファントム・バレット編」です。実は私、原作を読んでいるからストーリーを知っているということもあってこの順位にしております。まあ、それでもSAOはバトル要素が多くて映像化をすごく楽しめる作品の一つですし、特にこのガンゲイル・オンライン編は作中もかなりアクションが映えるストーリーではないでしょうか。このあいだのシノン対ベヒモスも良かったので、これから描かれるキリトの戦闘シーンが楽しみ楽しみ。

 

 11.グラスリップ

f:id:bakatakao:20140722003034j:plain

P.A.Worksが贈るこの夏の青春グラフティ。個人的にPA作品大好きなのでグラスリップも期待しておりますが、何故だか最初からどろどろ昼ドラ感があって、今後ますます見逃せない展開になっていくのでしょうか。もうちょっと爽やかな設定でも良かったのではないかと思いつつ、最後はきっと私を感動の涙で溢れさせてくれると信じております。

 

大トリ.Free! -Eternal Summer-

f:id:bakatakao:20140722003717j:plain

最後は何と言っても全国の腐女子お待ちかねの世界の京アニpresents「Free! -Eternal Summer-」で間違いないでしょう。歴史に名を残すこの作品で鼻血が止まらない腐女子腐男子がいるに違いありません!そして意外とスポ根として見れば普通に面白いじゃないかと思う私がここにいます!いや、それは1期目で慣れたからだろうという突っ込みは受けつけません!とにもかくにも私はフリーとリレーしか泳ぎません!

 

ってことでいかがでしたでしょうか。他にも2クール目に突入した魔法科高等学校のどこが劣等生!?も俺TUEEE過ぎて素敵です。あと『ハナヤマタ』という謎のよさいこいアニメ、『アカメが斬る』という謎の雨宮ボイスアニメも視聴しているので2014夏アニメの今後からますます目が離せません!

そして何より8月になったら『花物語』の放送が待っております!5話連続一挙放送ですから8月16日は空けておかないと!久々の神原駿河ですから!あららぎさんですから!ガハラさんですから!

かみまみたですから!

揉んじゃーね。

 

f:id:bakatakao:20140722004556j:plain